サマーセッションは留学生がいっぱいいました

私はコロンビア大学のサマーセッションから留学しました。夏休みの間はレギュラーの学生があまりいなくて、留学生がとても目立っていました。大学の寮でも留学生が大半を占めていて、レギュラーの学生はあまりいませんでした。

コロンビア大学のキャンパスでは、夏休みの間、野外映画が観れることがあって、芝生の上に座って、映画をみんなで見るのです。大きな野外スクリーンに映画が映されて、楽しかったです。

一つはポルターガイストでしたが、皆で見ていると少しも怖くなかったです。もう一つはミスターアーサーでした。

サマーセッションが終わったら、いよいよ夏休みになり、そのあと本格的なフォールセミスターが始まりました。するとレギュラーの学生が戻ってきて、キャンパスは一気に賑やかになりました。留学生よりもレギュラーの学生の方が多くなって、キャンパスに活気が戻ってくるのです。

大学の寮もレギュラーの学生が戻ってきて、すごく賑やかになりました。