留学は若い頃にしておけ!という言葉はアタリ?

社会人になってからも語学留学という類いのものですけれど、何度か留学を経験しています。けれどもやはり、学生時代の留学体験の時に感じた刺激は得られないものですね。

いや、社会人になってからの方が行動範囲も自由にできるお金も広がってはいるのですけれど、なんというのでしょうか若い頃特有のテンションというか感性はなかなか戻っては来ないものです。

それと、10代の頃はGOできていたものが、20代の社会人となってからはできなくなるということもありましたね。ステイ先のお宅で一緒にディズニー映画を見ていても、昔みたいにはしゃげなかったりといったような若い頃との感覚の違いは感じました。

また、日本人だけではなくって外国人にしても、やっぱり若い頃の方が接し方がグイグイ来てくれていたように感じますね。年がそれなりにいきますと、こっちがテンションあげればフレンドリーに来てくれたりもするのですが、やはり若い頃に比べて壁があるような…。

まあ外国人よりも日本人同士でとくにあることですから、留学にあたってはさして問題だといえないとは思いますが。

留学は若い頃にしておけ!という言葉はアタリ?」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントは停止中です。