映画の中の世界を体験

4年ほど前にアメリカのサンディエゴに語学留学しました。ホームステイでしたが、ラ・ホヤという高級住宅街でビーチまで1ブロックの好立地でした。日本ではなかなか考えられないことですが、ビーチには野生のアザラシやペリカンがいて、沖の方にはクジラがいるような素晴らしい所でした。近所に住む人たちは、ここでサーフィンやウィンドサーフィンをやっていました。また、近所にTACO BELLがあり、日本に先駆けて通っていました。

学校が休みの時にはバスツアーでロサンゼルスに行って、ハリウッド、ビバリーヒルズを堪能し、夜はステープルズセンターでNBAの試合を見ました。帰りが遅くなり、バスの停留所に着いたのが深夜0時。タクシーもなく、ホストマザーに電話をかけて起こすのも気が引け、結局歩いて帰ることにしました。今考えたら恐ろしいことなのですが、道もわかっているしすぐに着くだろうと思ったのが失敗でした。さすがアメリカは広くて、バスではすぐだったのに、歩いたら一時間ほどかかってしまいました。流石にアメリカで深夜一人で歩くのは怖いですね。翌朝ホストマザーには叱られました。実はこの数日後、遅い時間ではありませんでしたが、水族館からの帰り道で2時間近く歩くという愚行をしてしまいました。

 このような感じで、良くも悪くも映画のような景色を見ながらアメリカ西海岸を楽しんだ留学でした。
カナダで英語を学ぶなら。